2012年11月21日

ドレスお見立て・2度目の試着〜後編〜

うぉおおおおお書いてる途中で日記消えたぁああああ
ようやくやる気を出したのでまたがんばります(笑)

さて。
TAKAMIさんでの試着にて色々と希望が打ち砕かれたので
ウェディングドレスは購入決定ということで(笑)、続いてはカラードレスの試着へ。

あ、ここで大事なことを一点。
個人的にはTAKAMI BRIDALさん自体には決して不満はありません。
口コミでは評価が結構分かれるショップのようですが、それはどのショップでも同じ気がします。
私が利用した店舗はサイズ感の不安やドレスのフィット感の相談にも親身になってくれましたし、
ドレスの種類もそこそこ豊富だったし、フィッティングルーム含めてお店もとても綺麗でした。
私はその上で『幸いにもかなり当たりの店員さん』に当たったと思っています。

さてさて、そんなTAKAMIさんで、今度はカラードレスの物色に入ります。
ウェディングドレスは自前と決めたのはいいけど、お色直しに関わるチェンジ料や着付け料も
プラン内ってことで『借りなきゃ損!』だった為、カラードレスは借りる方向で考えていました。

最初は『自分にピッタリのお気に入りのドレスが1着あれば、お色直しはいいかな…』
なーんて考えていたのですが、よく考えなくとも挙式・披露宴あわせて3時間超の長丁場。
自身の持病のこともあり、体力やトイレの不安もあったので『お色直し』という
『インターバル』は、『色んな衣装が沢山着られる!』という以上のメリットがあると思い、
衣装チェンジも視野に入れて考える事に。『衣装チェンジは考えてない』という人も、
私のように体力に不安のある花嫁さんは『中座が出来る演出』はオススメかもしれません。


上記のような理由がある為、ウェディングドレスに関しては
『他所で一番いいのを頼む!!』という気合の入れ方もありでしたが、
カラーは本番での着用の可能性を考えると適当に選ぶ訳には行きません!
ウェディングドレスをぼーーっと眺めていた時より
数倍以上の気合を入れて選んだカラードレスは計3着!


1着目:オーガンジーのグラデーションが綺麗なミントブルーのビッグライン
2着目:プリーツオーガンジーが可愛い紫のティアードAライン
3着目:シンプルながらデザインが中々奇抜な真緑のAラインドレス

前回のカラードレスの試着において、私は暖色が肌に合いにくい事が鮮明になったので
夏挙式である事も鑑みて、見た目も爽やかな寒色系で攻めて行く方向性に決定。
その上で選んだのはミントブルー・紫・そして真緑というかド緑のドレス(笑)

一番に着せていただいたのはミントブルーのドレス。
RIMG0522.jpg
上半身がビジューで飾られ、流れるようなラインのスカートはオーガンジーのグラデーション。
緑〜ミントブルー〜ライトブルーのグラデージョンがとっても綺麗で、
『森の泉の妖精さん』といった雰囲気です。
あ、もちろんドレスの話ね、ここ大事。
でも、形がビッグライン(スカートの広がり大きめ)だったので
『水の底から這い出し逆三角形の妖怪』みたいにはならずに済み、
さすが安定のブルーベース肌、色み的には一番ピタッと来ました。

ネックを挙げるとすれば、3万円の別料金がかかってくるところだろうか…(遠い目)
ん〜〜〜〜…元々するつもりがなかったお色直しのドレスの為に、3万出すのもなぁ…。
ドレス自体は気に入りましたが、とりあえず一発決定とはならず保留。

続いて2着目は、紫色のドレス。
RIMG0536.jpg
少し落ち着いた青みの紫と、明るいピンクみがかった紫のコントラストが絶妙で、
プリーツオーガンジーの上品さも相まって、下品すぎずブリブリもしすぎない
中々いい感じのドレスでした!ピンクが入っているので少し不安でしたが、
青みよりだった為かそこまで残念な事にはならず、一安心。
ウェディングドレスはシンプルなデザインを希望してるので、
カラードレスではこれくらいはっちゃけちゃうのもアリかなー。

ただ、元々スカイブルー〜ライトブルー辺りの色があればいいなぁと思っていたので、
紫は頭の中の選択肢に入れていなかった色。それにティアードはさすがに愛らしすぎるべか?
イキナリの決定はちょっと勇気が必要ってことでこれも保留。

3着目に着せていただいたのは、緑色のドレス。
RIMG0550.jpg
シンプルながらデザインが中々奇抜で、Aラインのスカートに上半身はビジュー&ビーズの刺繍、
そして世界地図のようなプリントのオーバースカートが乗っかっているような感じ(笑)
あれです、イメージ的にドラゴ○ボールのナ○ック星を想像すれば一発だわさ。
ハンガーにかかっている時は『う〜んw』なドレスでしたが、着てみるとこれが意外と綺麗。
お色直しに着るドレスとしては中々面白そうなドレスではありそう(笑)

ただ、此方のドレスも3万円の上乗せが必要なブランドのドレス。
選んで着るにもかなりの心意気を必要としそうなドレスなのに、更に3万円…
勇気が必要な選択だなぁ(遠い目)何より、色みが落ち着きすぎていて、
ドレスに合いそうなアクセサリー&ヘアメイクをしてしまうと
実年齢より若干上に見えてしまいそうなのが少し不満でもありました。

まあ20代前半とかじゃないし、何も考えずにキャッキャしていい年齢じゃないんだけどさ(笑)
だからといって、こういう場で『着たいドレス、やりたい演出』を諦めてまで
『年齢を考慮して自重』してしまうのは少し勿体無い気がする。うーむ。

季節的な事を考えると、一番相応しいのはミントブルーのビッグライン。
肌映りが一番良いのもミントブルーのビッグラインでした。

でも、実は私『カラードレスを着るなら花冠をしたい!』という無謀な希望がありまして…。
チャペル&会場やガーデンを見て、その思いが益々巨大に。
でも、ドレスをピンクやオレンジの可愛い色にする勇気はない…
となると、この希望を叶えるのであれば紫のティアードAラインが正にうってつけ。
何より紫のドレスは追加料金がかかってこないので、その点も◎。
最終的に、この2点で盛大に悩む羽目に…(笑)

あ、緑のドレスについては、上記で挙げた不満の他に
『希望している披露宴会場のカーペットが正に緑色』という致命的なことを思い出したので除外。
奇抜なデザインだけどそこそこ似合っていた上、色が色だけに写真映えも一番良かったんだけど、
さすがに床から生えてる花嫁にはなりたくなかったので却下です。

結局、TAKAMIさんのご好意によって『どちらも仮押さえ』という形で、
どちらも挙式の日にちには希望サイズを使えるよう手配をしてくれるとの事。
その上で『次回来店時にはどちらかに決定でお願いします』ということでした。
ドレスの種類も豊富だし、私だけでなく、やっぱり悩む花嫁さん多いんだろうねぇ(笑)
という訳で、3度目のご来店が目出度くご決定した所でございます。
早いところ衣装を決めて、小物の作成に取り掛かりたいぞぉぉおおおお

<PR>
 
posted by かい・テルこ at 23:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。