2013年09月24日

お式当日リポーーーート!

私でございます。
挙式から2ヶ月経とうという正に『忘れた頃』に、お写真が出来上がってまいりました!!
これでいよいよ当日のレポートが張り切って出来るというものです!ムフフ〜♪

それでは、お待たせいたしました(え、待ってない?そう言わずに)
手抜きできるところは極限まで手を抜き、こだわる所にはとことんこだわったつもりの、
テルこさんの結婚式、当日レポートです!


2013年 7月28日(日)
027-blog.jpg
見る人が見ればわかる、この地域では割と名前が通ったホテルにて
(※後に全国的に偽装的な意味で有名になった。チクショーイ!w)
相方さんとの結婚式に臨んでまいりました!
↑写真は、この日の為に作った問題のガーランドブーケ。
フラワーアレンジメントなんて習ったことがない輩が、ネットの情報のみを頼りに
一から花材を揃えて何もかも初試みという無謀な挑戦でしたが(笑)、
初の素人仕事にしてはまぁまぁの出来ではないかな、と思います(笑)

ちなみに、この日は日曜日でしたが、なんと挙式するカップルは私たちのみ!!
その為、スタッフさんの気遣いを超手厚く受けることが出来た上、
着付けも移動もとにかくスムーズ、一般の宿泊客の方からの祝福を一身に受け(笑)、
何より他のゲストさんや花嫁さんとも全くバッティングすることなく、超ラッキーでした(笑)

まずは、挙式前の写真撮影。
009-blog.jpg
相方さん即決の白タキシード+入魂のAラインドレスで、満を持しての撮影です。
レトロな造りのホテル内装とマッチしていい感じ。
時折、待合スペースを横切る自分たちのゲストの黄色い祝福の声を聴きながら(笑)、
アルバム用カットやスナップを数枚撮影。
これが終わると、いよいよ挙式本番へ。
ゲスト&親族の待つ、チャペルへと移動します。

059-blog.jpg

チャペルでの人前式でしたので、厳格な宗教的行事はほぼナシ。
母上からベールダウン→父上とバージンロード→誓いの言葉(自分たちで考案)→
指輪交換のち、ベールアップ&公衆の面前でのチュー(笑)→
全員で賛歌というか合唱(世界で一つだけの花w)→退場、という感じ。
バイオリン&オルガン&フルートの生演奏の中、全体として20分ほどでした。

ちなみに、この時緊張しすぎた相方さんが、リハーサルで行ったベールアップ→チューの手順を
頭からすっ飛ばしてしまったらしく(笑)、
ベールアップ後に固まってしまったので
私自ら自分の両肩に誘導→両ゲストから爆笑が起こるという、終始和やかなお式でした(笑)

で、チャペルから出て、ゲスト全員から祝福のフラワーシャワー
082-blog.jpg

(↑全員笑顔のかなりいい写真で、この写真がアルバムの表紙になっております(笑)
実はこの日、週間予報で雨予報、実際に山陰山陽地方で
警報が出るクラスの大雨が降ったのですが(どーん)

私たちが屋外でイベントをしていた間は何とかお天気が持ってくれていたので一安心。

フラワーシャワーが終わると、お待ちかね、ブーケトス!!!
RIMG1114.jpg
…ではなく、私たちは新郎新婦共に、同性ゲストに向かって『プレゼントス』を行いました(笑)
ゲスト人数がそれほど多くなく、年齢層もバラバラ、未婚既婚入り乱れていたので、
未婚者限定にするより、どうせなら女性全員・男性全員に向かって投げてしまおう!と、
結構早い段階で二人で相談していました(笑)
090-blog.jpg
結果、互いのゲストに各自のプレゼントが渡りました!
中身はもちろん、男性向け・女性向けと、二人がそれぞれ考えた品が入っています。
単にブーケ(しかもアレンジ初心者(私だ)が作った造花の残念品)が当たるより、
こっちの方が絶対嬉しいよね(笑)

そして、ゲストとのスナップ写真撮影が終わり、いよいよ披露宴へ。
092-blog.jpg
左側のウェルカムベアは、女子だらけの従姉妹軍団一番乗りで数年前に結婚し、
今回ゲスト参列もしてくれた従姉のおねーさんからの継承品(笑)

某結婚情報誌の懸賞で当たった、非常に縁起のいいベアだったので有難くお受けしました★
そして右側が、前撮りした和装のウェルカムボード。
挙式では着用しなかった和装だったので、ゲストからは大好評でした!!
前撮り写真は、式中の演出でもふんだんに利用したので、
実際のアルバム以上に価値があるものとなりました。

この日は幸いにも天気に恵まれましたが、実は外は中々の強風(どーん)
不測の事態を避ける為にも、やっぱり前撮りしておいてよかったなー、と思いました。

119-blog.jpg
そして更に、受付横に設置したウェルカムボードその2(笑)
別添えの無地のピースにゲストに一言メッセージを書いてもらい、
ボード左右の穴からピースを入れてもらって完成!という形式の色紙ならぬメッセボード(笑)

パズルタイプのものや、メッセージ入り付箋を貼るタイプのものは結構見かけたのですが、
この形式なら子供ゲストでも楽しめそうだな…と思い、2月のブライダルフェアで
鼻息荒く新作のプレゼンをして下さった業者さんにホイホイされることに(笑)
ちなみに、これを使ってテーブルラウンドを行う手筈を整えておいたので、
気合入りまくりでございます(笑)

それでは、いよいよ披露宴会場に入場…!
124-blog.jpg

この時ばかりはさすがに緊張しましたが、薄暗い照明の中、
みんなの拍手に出迎えられ、照明がついて一気に明るくなったと同時に、
笑顔で私達を見つめるゲストの顔がはっきり見えた時は感動しました。
ここへこうして立つために、今まで頑張って準備してきたんだよなぁ…(ほろり)
ドキドキと、何よりも嬉しくて楽しくて、常に口角上がりっぱなしです(笑)

まずは、主賓(相方さんの前職場の上司の方)と、私の友人代表の挨拶。
尚、友人代表は私が『ウェディングドレス買いたい見たい付いて来て!』に
二つ返事でGOしてくれた、例の素敵なお友達です(笑)この場を借りて再度感謝。
135-blog.jpg

そして、私達たっての希望で数を極力抑えた演出の内、まずはケーキ入刀!

138-blog.jpg
140-blog.jpg
からのファーストバイト!!(笑)
この時、演出相談時にかねてからお願いしていた超有名ゲームのBGMを使用した為、
いきなりの大盛り上がり(笑)もちろん、ケーキの大きさは特大で(笑)

相方さんは緊張からか固い表情の写真が多いのですが(笑)、
私の写真はほとんどが笑顔でくしゃくしゃ(笑)
実は私は歯並びがあまりよくないので、もうちょっと上品に笑えたらよかったけど
この時は本当に夢中で、それどころじゃありませんでした(笑)

153-blog.jpg
この後は、各自談笑&お食事タイムです。
私達が挙式したホテルは、『花嫁さんも可能な限りお食事をどうぞ!』というスタンスで、
介添えの方が頃合いを見計らって食事を勧めてくれたり、
料理が既に一口サイズにしてあったり等、中々良心的な気遣いをしてくれました。
お蔭様で皆さんが各テーブルで楽しむ間、相方さんはもちろん、私も食事もりもり(笑)
食事に関してはそこそこ厳しくしつけられてきた為食べられるご飯を残すのが嫌なので、
後々『今まで見たどの花嫁よりモリモリ食ってた』
と言われる思い出深い式になりました(笑)

もちろん、食事の合間に親類縁者が高砂へ上がって来るのもOK!
一組が上がってきたのを皮切りに、次から次へと列をなし、
かなり和気藹々とした雰囲気(笑)演出を無理に入れ込まず、時間をたっぷり取ったので
足を運んでくれたゲスト達と沢山話せて、私達も楽しかったです。
やっぱり招待するからには、せっかく来てくれたみんなと喋りたいですしね!

談笑タイムが一通り終わると、お待ちかね、お色直し!!
(という名の、花嫁にとってのインターバル(笑)
お色直しのエスコートには、親族ではなくサプライズで幼馴染を指名させていただきました。
幼稚園の頃から仲良くしてくれている彼女と、
自分の結婚式で一緒に写真に納まれる日が来るとは思わなかったなぁ(笑)
この辺りも感慨深いものがあります。

さあ、TAKAMIさんで気合を入れて選んだカラードレス&無謀とも言える希望を盛り込んだ
花冠を装着し、再登場です!!

227-blog.jpg

こちらの披露宴会場ですが、実はガーデンが併設されています。
そこで、ゲスト達には『どこから登場するか』を全く告げず、完全サプライズでの登場!
168-blog.jpg

登場と同時に、先ほどのウェルカムボードを持ってのテーブルラウンド!
皆が書き込んでくれたお祝いの言葉を二人で抱えてのラウンド、すごく幸せでした!
187-blog.jpg
手書きメッセージは全て残るし、やっぱりこれ、お願いしておいてよかったなー!

さて、ここからは、数少ない演出である『余興』。
お互いの友人、一組ずつにお願いし、事前に準備を進めてもらいました。
まずは、相方さんのご友人一同から。

何と、某T○Y○TAの実写版ドラ○もんのパロディを
のび太くん→相方さん
しずかちゃん→私
という設定で、内輪ネタも織り交ぜつつ仲間内で撮影し、上映しながら
会場内でも演出…という高等技を披露していただき、会場大爆笑(笑)

最後は相方さん本人が『テーブルクロス引き』を行い、完結!
という、終始盛り上がる内容の余興でした(笑)
203-blog.jpg
実はテーブルクロス引き、自宅でこそっと練習していたので、無事に成功してよかったです(笑)

188-blog.jpg

続いて、私のご友人である空音ちゃんが、ピアノの生演奏で歌をプレゼントしてくれました!
爆笑の場内から、しっとりと歌い上げてくれて、とてもいい流れが出来たところで…

218-blog.jpg
いわゆる王道の演出である『花嫁からの手紙』。
はじめは照れくさくて、演出として入れ込むのを躊躇していたのですが、
この年齢まで育て上げてくれたこと、何より20代半ばで病院送りになり
心配に心配をかけたこと、その中で、母曰く「諦めていた」結婚をすることが出来、
こうして無事に式まで挙げさせてもらえたのだから…と、両親に向けての感謝の気持ちを込めて、
事前に用意した手紙を読ませていただきました。

この後、私の両親&相方さんのご親族に花束贈呈をして、
相方さんが会場内へお越し下さった皆様への感謝の言葉とご挨拶を終え、
挙式と披露宴は無事にお開きとなりました。

238-blog.jpg

こうして、私達の挙式披露宴は、素敵な余韻を残して終了!!!
終始楽しくてキラキラしていて、本当に『あと何回でもやりたい!!!』と心から思える、
とても楽しくて和やかなお式となりました!!
準備に右往左往し、ポカやミスもやらかしながらもなんとかリカバリーし、
ドレスに小物にお花にアクセサリーにあれもこれもと欲張りながら、
何度も式場に足を運んでプランナーさんと相談しながら進めてきた準備の集大成が
最高の形で発揮でき、とても満足しています。
147-blog.jpg

私が好き勝手に暴走したり、突っ走った感も否めず、随分とワガママも言いましたが、
それでも嫌な顔一つせず、やりたいことを可能な限りやらせてくれた相方さんに改めて感謝。
このブログを見たことによって、衣装や小物選び・お金・お式の進行や演出に
お悩みのカップルの一助になれたら、これ以上の幸せはありません。
リアルな結婚式の一例として、どなたかの参考になれば幸いです。

<PR>

posted by かい・テルこ at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

現場の声〜挙式を終えた花嫁が思うアレコレ〜

さてさて、結婚式も何とか無事終わり、式場さんでお願いしたお式写真の
出来上がりを待ってレポるか〜、と構えております私です。
ただ、鉄は熱いうちに打て!じゃないですが、せっかくの余韻&式中に思ったこと・感じた事を
リアルタイムで残しておかないと、写真来たら色々すっ飛んで忘れそうなので(笑)、
私が『消費者・花嫁』として本番に臨んで個人的に思ったこと・感じた事をメモ的に記しておきます。
(尚、画像はすべて楽天市場よりお借りしています。気になるアイテムはリンク先で購入可能です)

<挙式・披露宴時間には可能な限りの気遣いを>

私たちの結婚式は、挙式30分・披露宴全体で2時間30分でした。
単純計算ですと、トータルで3時間ですが…。
ゲスト集合〜挙式開始〜挙式後の演出(フラワーシャワーやブーケトス等)→
挙式後写真撮影(親族・ゲスト等)〜受付開始〜挙式開始〜お見送り
以上全てトータルで『結婚式』です。
私たちの『結婚式』は、挙式開始時間が14:45、披露宴開始時間が15:45。
最速で会場入りした親族で12:00〜18:30までの時間拘束。
ホテルでの総滞在時間は6時間半という事になります。
ゲストはもう少し時間的余裕を残して、13:00〜18:30。
元々、二次会はしない予定だったので、
挙式後にゲスト同士、余韻を味わいながら思い出話に花咲かせつつ
連れ立って飲みに行くにも丁度いい時間と思って設定しました(笑)


主に親族は、親族紹介や親族写真の撮影等々で早めの会場入りが望ましい上、
特に女性ゲストは唯でさえ支度に時間がかかりますし、晴れ着の方は着付けの為に
挙式2時間前から美容室待機…なんてことも普通にあります。
そうなると、挙式時間が長ければ長いほど、必然的に挙式会場での滞在期間が長引きます。
これはゲストにとっては結構な負担になります。

特に子供ゲストや高齢ゲストには長丁場が苦痛になってしまうことも…。
(実際、私たちの挙式でも、子供ゲストが披露宴開始1時間で疲れて眠ってしまい、
 不測の事態を考えて準備したベビーコットが大活躍しました)

ゲストに喜んでもらえるようふんだんに盛り込んだ演出のせいで、
挙式が間延びしてゲストが疲れてしまっては元も子もないので、
結婚式のトータルの実施時間にはなるべく注意を払いましょう。
朝食・昼食・夕食との時間差を考えた食事の時間はもちろん、
交通機関との兼ね合いも含めて、しっかりと準備を!!

<余程でない限り、披露宴の映像記録は残さない方が吉>

ゲストハウスや海外でこだわりの挙式をした!
親類の為、今後の参考に映像記録を残す!!等でない限り、
一般的なホテル・専門式場・レストランでの披露宴では、個人的に映像記録は必要ないと思います。
映像記録は、撮影スタッフはもちろん、撮影にかかる機材等にも手間とお金がかかります。
その割には、挙式後に映像を改めて何度も見直すか?と言われると、取り出して再生して
しょっちゅう見るようなものでもない
し、正直、アルバムで事足りるのがホントの所。
それに、万が一挙式最中に思っても見ないトラブルが起こり、一生に一度の結婚式に
ミソが付いてしまった場合、『嫌な思い出』が一生映像記録として残ってしまいます。

更に、それがゲスト由来(酔って備品を破損させた、子供が騒いで台無しになった 等)だと
後々トラブルの元へとなりかねない危険な代物へと早変わり。
おまけに、撮影スタッフは絶好のシーンを逃すまいと『いい場所』に陣取るので、
親族やゲストが張り切って撮影した写真に、画像カメラマンとはまた別に
映像撮影スタッフや機材が写り込む確率が必然的に高くなる
ので、
シーンによってはせっかくのスナップ写真が台無しになってしまうことも…。
挙式の雰囲気を残そうとあらゆる角度から撮影され、ゲストや親族とも共有可能な写真と違い、
映像記録とはあくまでも『新郎新婦の自己満足の塊』である事を肝に銘じましょう。
手間と費用の割には対効果に疑問の残るモノなので『絶対に思い出として残す!』
と思っているカップルはともかく、『映像かぁ…プッシュされるけど、どうなのかなぁ』と
迷っているカップルには、ハッキリ言ってオススメしかねます。

<前撮りor後撮りは絶対に行うべし!!>

結婚式のアルバムとは別に『二人の幸せな姿』を残す記録媒体を、挙式当日とは別の日に
ゆったりと万全の準備を持って作成しておいた方がいいです。

『写真は当日分でいいや!』なんて考えていたら、式場or写真屋さんの威信にかけて
『素敵なアルバム』作成の為のカット撮影ノルマを、新郎新婦もこなす必要があります。

当日は唯でさえバタバタする上、ウェディングで撮影、お色直しチェンジをしてからも撮影…
当然、中座時間も長くなり、その分挙式全体もダラダラと長引きます。
ゲストも間延びする上、新郎新婦もゆっくり出来ません。
新婦が食事をし損ねる最大の要因が、この中座時間の長さなのです。

私たちは前撮りを既に行っていた為、ウェディング・カラー共に立ち姿のみをスタジオ撮影。
無駄なカットはお願いせずに済んだので、中座時間は30分ほどでした。
おかげで中座から戻ってきた後もお食事をある程度堪能できました(笑)うまうま♪
なので、ゆったりと安心して挙式に臨める様、可能であれば前撮りプッシュ。
何より、前撮りには『前撮りした写真を、式本番で演出に使える』という最大のメリットがあります。
(私たちも、本番では着用しなかった和装のウェルカムボードが大好評でした(笑)
尚、後撮りには『結婚式で出来なかったアレコレを今!!』というメリット有。
どっちにしろ、『撮影は式とは別個』というスケジュールを組んだ方が精神衛生上◎。
特に、屋外チャペルやガーデン等、外での撮影を念頭に置いた挙式の場合は、
『当日、天候に恵まれない事もある』という不運な事も往々にしてあるので、
後悔のないよう念には念を。

<プチギフトはビジュアルではなく中身重視で>

これはあくまでも個人的な意見ですが、私はどうせプチギフトを配るくらいなら、
『ちゃんとしたお菓子屋さんの、梱包がシンプルなギフト』がベストだと思います。
可愛い箱やぬいぐるみ付だったり、小さいのに請った仕掛けが盛りだくさん、
その割には300円前後で安価…そんなよくある『プチギフト』は、
結婚式のコンセプトに花を添えるためのものである事が殆んど。
その為、大体のモノは『プチギフト専門の業者』によって、ビジュアル重視で作られています。
もちろん、口にするものだけでなく、石鹸やスプーン、耳かき等、バラエティにも富んでいて、
見ているだけでワクワクします。そう、テンションが上がる演出アイテムなんです。

その上がったテンションのままで、愛らしい見目に惹かれてプチギフトを契約しない事です。
あの手のギフトは、同じ値段出して食玩買った方がマシなレベルのものも混じっています。
しかも、ビジュアル重視で選ぶ=味見なんて出来ないことが殆んどです。
見目に凝ったギフトが入った箱やカゴが残ると、捨てるに捨てられない…
なーんて事も起こります。もちろん、食べ物以外でも同じこと。
消耗品ならまだいいのですが、趣味に合わない食器類やアイテムだと扱い難度は更に増加。
特に、結婚式にコンセプトをあわせ、凝っていたりかわいーーーいビジュアルであればあるほど、
男性ゲストや年配のゲストを困らせます。

ガチのお菓子屋さんが結婚式向けに作っているものは、
数十個規模での契約となる専門ギフトと違って事前の小口購入で味見も確実に出来ますし、
お店の選択さえ間違えなければ、絶対に『中身で勝負』してくるので安心です。
男女問わず配る事が出来、箱すら残らないモノであれば、包装紙くらいは躊躇なく処分可能。
『せっかくだから思い出に残るものの方が良くない?』と思うカップルは、
大好きな友人の結婚式で友人カップルの写真が入った食器が
引き出物として付いてきた場合を想像してみればいいと思います。

最高によかった友人の挙式で貰って、残った思い出の品を一々取り出して感慨にふける…
なんてそうそうしないですし、残ると扱いに困るものって、意外と多いんですよ。
それに仲間入りしてしまうことが結構多いプチギフト。
たかがプチギフトと思わず、ゲストの負担にならないよう、しっかりと吟味を。

モロゾフ
神戸風月堂
↑言わずと知れた有名処。プチギフト好適品も販売しているのでご参考に。
ちなみに、私達は引き菓子と共にモロゾフにお願いしました。

<PR>
posted by かい・テルこ at 21:17| 結婚式・演出の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

お式、無事終了いたしました!

私でございます。
7月28日(日)に行いました、私と相方さんの結婚式は、おかげ様で無事に終了いたしました。

詳細はまた落ち着いてから、詳しい口コミと一緒に掲載したいと思いますが、
親族・友人ゲストからも非常に好評で、尚且つ私たち新郎新婦もめっちゃくちゃ楽しめた
実にいいお式で『もっとこの場にいたい!もう一回やりたい!!』と心から思えました。
準備も気遣いも本当に大変だったけど、頑張ってきた甲斐があったというものです!

自分たちの『挙式経験者』として思ったこと・感じた事・これはよかった・ここは後悔した…
こういった事が、これから挙式を迎える新郎新婦さんにとっては
貴重な情報なんだろうなぁとぼんやり感じたので、細かいミスはあれど
おかげ様でお式が大成功に終わった今、何かが参考になればいいなと思いながら、
ちょくちょくブログの内容を充実させていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします(礼)

<PR>
posted by かい・テルこ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。